【Q&A】仮交際は何をする期間なの?

よくいただく質問を記事化していきます。

仮交際・真剣交際は結婚相談所用語ですよね、仮交際とは、具体的には何をどうするための期間なのでしょうか?

お見合い後もう一度会いたいと思ったら仮交際する

初回のお見合いで1時間お話したあとに、もう一度お会いしたい場合は「仮交際希望」これっきりでいい場合には「お断り」の判断をしていただきます。

お断りをしたらこの先連絡先を交わすことも会うこともなくなります。今は好きという感情はないし、よく分からないけどこのまま切れてしまうのが嫌だと思ったら、仮交際希望を出していただくのが良いと思います。

大体、1時間やそこらで相手のことなんて分からないですよね。お互い緊張しているし、体裁を整えてお見合いに挑んでいるのですから。

初めから好印象のまま成婚している方ももちろんいますが、初めの印象は良くなかったけど徐々に相手を知って大好きになるケースもたくさんあります。

ただし!時間が有限なのも事実ですから、「この人と発展する可能性はない」と自分の中で結論が出るようでしたらお断りの連絡をしましょう。

※注:仮交際が成立した後に一度もデートをせずに交際終了すると罰金(5,000円)発生します

仮交際とは友達以上恋人未満の関係

結婚相談所に入会した目的は結婚相手を見つけるためですよね、そこは男女共通かと思います。

「仮交際」は「将来結婚したいと思える相手かもしれない」という可能性の芽がある人とするものなので、友達以上だけど、まだ恋人ではない、将来を考えられる相手かどうか確認していく期間、そんなイメージしていただけるといいと思います。

目安の期間は2ヶ月以内

お見合いから成婚までの目安の期間が3ヵ月~半年となっています。

交際のステップとしては、お見合い→仮交際→真剣交際→プロポーズ受け入れて成婚となるので、仮交際の目安の期間は1~2ヶ月程度で考えてください。

たった2ヶ月で結婚前提の真剣交際したい人を決めるなんて無理!そう思いますか?

ゼクシィの調査によると、付き合ってから結婚するまでの期間の平均は3.2年間だそうです。年代に関わらずの平均となるので学生時代から付き合ってきているカップルも含まれてはいますが、3.2年って結構長いですよね?

この約3年の間に、お互いの金銭感覚を確認し、結婚後に思い描く生活を確認し、仕事や年収を確認し、家族との関係性を確認し、休日の過ごし方や趣味を確認し、その上で結婚願望を確認し、諸々のハードルを越えてゴールインしているわけです。

一方で結婚相談所の場合、大前提として「結婚したい人同士」で出会っています。そして、お見合いを申し込む時点で相手の経済状況、仕事、性格、結婚への思い、休みの日の過ごし方や趣味など事前に情報を得ています。

通常であれば何年もかけて確認することを事前に確認した上でお相手に会っているので土台となる安心感がすでに出来上がっているのです。仮交際の2ヶ月という期間は、与えられている情報を元にお相手をより深く知っていく、そして自分を知ってもらって価値観が合うかどうかを確認していく時間となります。

そう考えると、お相手と向き合う密度の濃い2ヶ月間を過ごすことで判断できるような気がしませんか?実際にトントン拍子で進むお相手とは2-3回会っただけで真剣交際に進まれている方もたくさんいます。なのでその点はご安心くださいね。

仮交際期間はできるだけ顔を見て話をして欲しい

仮交際の期間は相手を知る+自分を知ってもらうための期間ですから、できるだけ多くのコンタクトを取っていただきたいです。

目安は、メールは毎日、デートは週1-2回です。

ただし、毎日のメールが俺通信や天気の話ばかりではすぐに返信に困り、やり取りが苦痛になってしまいます。メールの中では自己開示をしながら、相手のことを知れる質問をしてやり取りを楽しめるように工夫が必要です。

そして大事なのは「できるだけ相手の顔を見ること」です。直接会うのが難しければzoomで話すなどでも全然OKです。

顔を見ると少しずつ愛着・愛情が湧いてくるものです。一目惚れではなくとも、顔を見て穏やかに話ができると徐々にその人に慣れていき、身近に感じてきます。

とは言え、初回のデートはMAX2時間にしましょうね。初めから長く居すぎると疲れます。

ランチしましょう!お茶しましょう!サクッとご飯行きましょう!とお誘いして、2時間のデートを楽しんで、名残惜しいくらいでお別れするのが次に繋がっていきます。

仮交際の人数は3~5人がベスト

真剣交際は1人しかできませんが、仮交際は人数の制限はありません。よって、個々人のキャパ次第で仮交際を増やしていってもOKです。

ただし、おすすめは3~5人です

仮交際20人という強者もいるようですが…

毎日メールのやり取りをしつつ、週1-2回のデートをするとなると3人でも割と忙しいはずです。

なぜ3~5人をおすすめするかと言うと、仮交際がいつ切られてもおかしくない交際であるからです。

自分に3人の仮交際中の方がいるのと同様に、お相手にも複数人の仮交際の方がいると思ってください。そのライバルたちも努力をしています。いつ真剣交際に入る分かりません。

そうなったとき、何の前触れもなく「仮交際終了」の連絡が来ます。あなたが悪いわけではなく、たまたま!タイミング!ご縁がなかっただけなのですが、その連絡はあなたに大きなダメージを与えます。

我々仲人も同じくダメージ受けてます、一心同体と思ってくださいね。

よって、同時並行で交際可能な3人~5人と仮交際をしていくことで真剣交際へ入る確度を上げることが大切なのです。

まとめ:【Q&A】仮交際は何をする期間?

  • 仮交際は将来を考えられる相手かどうかを確認する期間
  • 期間の目安は1-2ヶ月だが、意外と判断できる
  • 連絡は目的を持ってこまめにし、できるだけ顔を見て話すと愛情が湧きやすい
  • 仮交際は同時並行が鉄則、目安は3~5人

最後に、仮交際期間は悩むこともたくさん出てくると思います。LINEは何と返せばいいか?デートはどんなプランがいいか?相手はどんな気持ちなのか?(先方仲人さんに聞いて欲しい)などなど、じゃんじゃんお寄せください。むしろ共有してもらった方が躓いているポイントが分かるので助かりますから、遠慮せずでお願いします。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です