運命思考を取り入れると楽になる

最近、精神論みたいな内容が多くなってしまって、別の角度から同じことを繰り返し言ってしまっているような気もするんですが…

今、読んでくださっている人に伝えたい内容がこれなんだと思います。

GALLUP社のストレングスファインダーって皆さんやったことありますか?

こちらのハートラボジャパンさんのサイトの説明が分かりやすいのですが、強み(=才能)を知るための診断ツールで、177個の質問に答えると34の資質のうち、強い順番に1~5番までを出してくれます。

kこめ※※ハートラボジャパンさんサイトから画像お借りしています

私はこれを毎年受けて、自分の強みにどんな変化があるかを確認することが趣味なんですが…

何度受けても必ず上位にくるのが、「運命思考」なんです。

 運命思考の定義

「運命思考」の資質が高い人は、あらゆる人や物事は互いに結び付いていると考えています。この世に偶然というものはほとんど存在せず、ほぼあらゆる出来事には何らかの意味が存在すると確信しています。

スピリチャルみたいで気持ち悪かったらごめんなさい。でもこれ、人間関係構築力の中では大切な要素なんですよね。運命思考は英語では、Connectedness=繋がりという意味で表現されてます。

人や物との繋がりだけではなく、過去・現在・未来もすべての出来事が繋がり合って現実化している。今の自分があるのは過去の行いや経験、選択がもたらしている結果。偶然ではなく必然。

この考え方でいくと、辛い経験にも意味がある、ということになるんです。

あと、田坂広志さんの「人生で起こること すべて良きこと」という本もまさに運命思考ドンピシャな内容だと思います。youtubeにも田坂さんの講演検索するとたくさん出てくるのでぜひ見て欲しいです。

私は仏教徒ではないけど、この「人生で起こること すべて良きこと」という言葉に助けられたことが何度もあって、物事の考え方でこう考えたら楽になれるし、後から振り返ったらそう思えることがたくさんあるので、これは真実だろうと思ってます。

この「運命思考」を婚活する前・している最中に取り入れて欲しいんですよね。

例えば、婚活しようかな?と思ってるけど、踏み出す勇気が出ないとき、「この悩んでる時間は必要な時間」と思って欲しいです。

だって、あなたが踏み出したときに出会える人は、今のあなただから出会えたわけで、悩んでいた時間は自分に向き合う時間として必要であったはずです。

そして今、婚活していて、なかなかお見合いが成立しない人には、「成立しなくて良かった」と思って欲しいです。

だって、この後もくじけずに申し込んだらお見合い組めて、そのときに予定が空いて良かったと思えるし、トントン拍子に進まなかったお陰で人の痛みが理解できたから良かったんです。

こじつけみたい?

でも、真実じゃないですか?

私、会員さんのお見合いで相手から「お断り」のお返事をもらったら、すぐに「あーこの方とご縁がないことが分かって良かった。だって会員さんの良さを見抜けないような人と早めに縁が切れた方がいいもん」と思っちゃいます。時間は有限なので、会員さんの限られた時間を縁のない人と過ごすことがもったいない。

ご縁のある人は必ずいるしね!諦めないで、トライ&エラーしていけば、必ず得たいものが得られると信じてます!

私は会員さんの一番の味方で、理解者で、代弁者で、応援団です。

ということで、前に進めていない人も、苦労している人も、今のこのときは必要な時間ですよ!というお話でした。

頑張りましょうね~!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です