【幸せな話】婚姻届の証人になった話

こんにちは、April SATOのさとこです。

は~♡今日も幸せな日です。みなさんいつもありがとうございます。

以前、成婚退会された方がこの度婚姻届を出される運びとなり、なんと「証人」になって欲しいと連絡をいただきました。

2020年に開業したApril SATO、成婚者さんは過去にもいますが、証人を頼まれたのは初めての出来事で、「私でいいのでしょうか?」とお尋ねしたところ、

「我々の結婚をさとこさんが一番喜んでくれると思うので」と言っていただきました。

泣ける。

めっちゃくちゃ嬉しい。

はい、間違いないです。電話口で涙出るくらい嬉しかったです。

有難いな~、感謝感謝だな~。と思いながら、緊張しつつサインさせていただきました。

その方とお話しながら改めて気付いたこと。

結婚相手に必要なのは、条件ではなく、いかに「コミュニケーションが取れるか」に尽きる。

婚活期間を振り返りながら、このときはしんどかったね、あのときはびっくりしたね、と思い出話に花を咲かせていたのですが、運命の相手(運命の相手は1人ではないという話は前回の記事を参照)とは話そうと思っていないことまでサクサクコミュニケーションが取れる。ということ。

婚活には努力も必要。

それは間違いないです。

でも、本当にご縁のある方とは、背伸びしなくても、無理をしなくても、自然体のあなたで受け入れられる。というか、自然体のあなたじゃなきゃだめ。

婚活期間だけは背伸びできたとしても、結婚は生活ですから、生活を背伸びし続けたまま継続することはできないからです。

言いたいことをしっかりと言える相手、また相手からも言ってもらえる関係性、それが大事。

本当におめでとうございます♡

幸せのおすそ分けをいただいて、とても幸せな気分です。ありがとうございます♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。