こんにちは、AprilSATOの林です。

5月も後半に差し掛かってきておりますね、寒かったり暑かったりで体調を崩していないでしょうか?

会員さんの話を聞いていて、使わない方がいいフレーズに気付いたのでまとめてみます。

誘ってくださいと言われたらどう思う?

仮交際中の相手からのメールで「誘ってください」って言われたらどう思いますか?

✓この人は自分から誘う気はないんだな…

✓婚活に対して乗り気じゃないのかな?

✓他力本願な人なのかな?

私だったらこんな風に思うので、印象は良くないと思います。

それでも、魅力的な人で会いたいと思ったら誘うとは思いますが、そうでなければ他の交際中の人を優先して二の次になっていくと思います。

そもそも、お見合いで1回しか会ったことがない人ははっきり言って他人です。

そこから顔を合わせて何度か会う中で、知り合いになり、少しずつ愛着もわいてきて、いいところを知っていき、段々と「いいな」と思っていくものです。

他人から知り合いに格上げするためには、会うしかない。

顔を見ながら話すことが大事なので、会えないならテレビ電話も活用しましょう。

せっかくお金と時間を使って婚活をしているのですから、一つひとつのご縁を大切に、人任せにしないでもらいたいのです。

誘ってくださいと言ってしまう心理は?

とは言っても、「誘ってください」と言ってしまう心理は分からなくもないです。

私も自ら企画するのは面倒くさいけれど、楽しそうなイベントをやるのであれば行きたいので、「誘って!」と言ってしまうことはあります。

背景にある心理について考えてみると、

✓デートプランや日程を発案するのが面倒くさい

デートプランを考えられない、誘い方や提案の仕方が分からないのであれば、私が提案しますし、文章作ります。実際、成婚されていく方はどんな風にLINE返したらいいですか?〇〇駅辺りでデートしようと思っているんですけど、おすすめありますか?と聞いてきてくれます。うまいこと仲人を使ってください

✓そこまで良いと思っていないので乗り気になれない

そこまで良いと思っていないのはお互い様です。だってまだ「他人」ですから。ここから知っていくための仮交際の期間です。初めから一目惚れに近くてノリノリで会うなんてそうそうないです。お互い様と思って行動して欲しいです

✓断られたら傷つくので言いたくない

例えばデートに誘って、断られても、単に予定が合わなかっただけと思って欲しいです。実際そういう場合も多いです。また、たとえ交際終了になったとしても、やるだけのことをやって断られたらある意味やり切った!と潔く退散できるはず。前に進むためにも宙ぶらりにさせておくのはおすすめしません。

文章を送るときに心がけて欲しいこと

メールやLINEでやり取りするとき、心がけて欲しいことは一つです。

返しやすい文章を送ること!です。

NG例からいきます。

「今日はご馳走していただきありがとうございました。楽しかったです。また誘ってください。季節の変わり目なのでお身体ご自愛くださいね。」

➡こんなLINEきたら返しにくい。こちらこそありがとうございました!くらいしか返せない。ご自愛くださいとかビジネス的な言葉使う人いますが、わざわざ距離遠ざけてしまっているのでやめましょう。相手を気遣う言葉は大事ですが、堅すぎる言葉は逆効果です。

OK例いきます。

「今日は久しぶりに大笑いして楽しかったです、はしゃぎすぎていたらすみません。今日話に出た横浜のチーズカフェ、早速調べてみたら予約必須みたいなので私予約しますね!〇日と△日が空いているのですが、ご都合いかがですか?まだ楽しかった余韻でふわふわしていますが、お風呂に入って早めに寝ますね。おやすみなさい。」

➡楽しかった感情を込める、楽しかったと思ってくれていると伝わると相手も嬉しいので返したくなる。次のデートは相手任せにするつもりはなく自分も動くよ!ということをしっかりアピールする。返しやすいように「?」を付ける。今の自分の状況を想像させる文面を入れると親近感が湧く。

「誘ってください」と人任せにせず、交際を深めていく、進めていく努力をしていけば、少しずつ距離が縮まっていくはずです。

縁のある人とはあるし、ない人とはないです。その縁を見つけられるかどうかはあなたの返事次第かもしれません。参考にしてもらえる部分があれば嬉しいです。

あなたの婚活がうまくいきますように。